お金使い方はとても難しく、意外に高かったものを買ってしまったときに、消費者金融のお世話になるケースもあります。
知らなければ高い買いものをしてしまうことは多くあるのです。
日常生活で必要なものがあった時、買う場所を選ぶことになります。
先日私は、お風呂掃除のときにつかう長靴を買おうかなと思って、ホームセンターを訪れたのですが、結構な値段することに驚いてしまいました。
結局その時は買わないで帰ってきたのですが、そのことを家族に相談したところ、「百均という手があるよ」との返答でした。
そんなものまで百均にあるのかしら、と不安でしたが、いざ行ってみると、あったのです。
素材もしっかりしていて、自宅で使うには充分な品物でした。
今ではだいぶ普及している、この百均。
本当にあらゆるものが置いてあって便利ですよね。
ないものはないくらい、何でも欲しいものがそろう、と言っても過言ではないと思います。
日常生活になくてはならないお店なのではないかと思います。
物によってはスーパーの方が安いかな、と思うものもありますが
それでも思わず探してしまいます。
先日はブックカバーまで売っていて、別に良いものを買わなくても良いかなと思っていたのでとてもお得に買い物できました。
百均という選択肢を日常に取り入れるとかなり節約できるのではないかと思います。
見ているだけでも価値はありそうですしね。
消費者金融の金利はとても高くなりますので、そういったところで出費を減らすことができればそれだけ窮屈さをなくすことが可能になっているのです。
できる限り返済に回す金額を増やすことができれば、元金が減ることになりますので、支払いを減らすことが可能になってきます。
金利が高いからこそ、元金を減らすことで支払は楽になってくる割合が多くなってくるのです。
特に、消費者金融の場合は、支払初期の返済が重要になってきますから、最初のうちは外出すらままならないと思います。
そこまでする効果がとても大きい時期というわけですね。
でも、支払が進んで元金が順調に減りだしてきたら、徐々にいつもの生活に戻すことがより効果的に返済をしていくことができます。
そこでまずは、デパートのおしゃれなお店のショッピングではなく、百円均一のびっくり商品探しからはじめてみてください。
そこに新たな節約術が見つけられるはずですし、返済に一役買ってくれることは間違いないですよ。
資金運用はアイデア勝負です。
さて、いよいよ「在籍確認なしで借りれる」という
本質のお話をしていきます。
 
 
まず、「在籍確認なし」という言葉の表現は、
会社への電話確認をしないという意味です。
 
 
そのカラクリは、
インターネットからのお申込者で、
 
 
・健康保険書(社会保険証・組合保険証)
・給与明細書の写し
 
 
があれば、在籍確認は完了という訳です。
 
あとは、指定の銀行口座を持っている方や、
平日9:00~14:50までに審査結果が出ていれば
最短3分程度で振り込みキャッシングができます。
 
詳細の確認は下記のテキストリンクをクリックして
ご確認ください!

総量規制と呼ばれる主に消費者金融を対象とした規則が施行されて以降は、収入を持たない専業主婦や専業主夫が、消費者金融などの金融機関から借入を申し込む場合には、世帯主の同意書と収入証明書の提出が必要となっています。総量規制が施行された背景には、自己破産者の数を中長期的に減らすことが目的となっているために、返済が困難とみなされた場合には融資を新たに受けることが出来にくくなっています。収入を持たない専業主婦や専業主夫は、毎月の返済を行う能力があることを示す必要があるので、パートやアルバイトよりも場合によっては、融資の審査は厳しくなっているようです。アコム申込窓口【来店不要、即日融資、かんたん入力】総量規制の対象ではない銀行での融資を受ける場合でも専業主婦や専業主夫名義で借入を申し込む場合には、同様の書類が必要であることは言うまでもありません。ただし例外もあります。大手のスーパーやデパートが発行しているカードにはクレジット機能が付いていますが、このカードの審査には同意書や収入証明書が必要でない場合もあります。
「債務整理をすると、融資が受けられなくなる」という話を聞いたことがあるかもしれません。

しかし、キャッシングの申込条件に債務整理のことが書いていない以上、「融資が受けられるかどうかは分からない」というのが事実です。

実際、債務整理をしても融資が受けられることがありますので、最後まで諦めてはいけません。

ここでは、債務整理の手続き中のキャッシング、について説明したいと思います。


■債務整理とは?

まず、債務整理は、自己破産を除き、「借金の減額を認めてもらう手続き」のことです。

たとえば任意整理は、弁護士や認定司法書士が債権者と交渉し、元本の減額・利息のカットについて合意を求め、和解していく手続きです。

注意しておきたいのは、「全ての借金がなくなる」のではなく、借金の減額が認められる、という点です。

債権者との間で和解が成立したら、減額された借金を約束どおり返済しなければなりません。


■債務整理が失敗すると...

任意整理や個人再生では、原則として、減額された借金を3年かけて返済することになります。

この返済期間中に「延滞」してしまうと、最悪の場合、減額された借金が本来の多額の借金に増えてしまいます。

そのため、債務整理中の返済は、どの返済よりも優先して行わなければなりません。

しかし、何らかの理由により、債務整理中の返済が困難になる場合があります。

そのようなときに「キャッシングに申し込めるか?」という不安が生じるのです。


■審査を受けてみないと分からない!

プロミスやアコムのような消費者金融では、本人に収入のない専業主婦や無職の利用はできない、と説明されます。

これは貸金業法の規制によるものですが、「債務整理中かどうか?」について説明のあるキャッシング会社はありません。

つまり、申込審査に落ちてしまう可能性はあっても、「申込みできない」というものではないことが分かります。

キャッシングの審査は受けてみないと分からないものですので、どうしても必要なときは、申し込んでみるのも一つの方法ではないでしょうか。