プロミスの30日間無利息サービスは便利です!

 

プロミスの「30日間無利息サービス」という広告を目にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
これは読んで字の如く、借入れしたお金を30日以内に返済すれば利息は全くつきませんということです。

 

ただし新規契約の方のみなので、何度でも無利息で借りられるというわけではありません。
初めてキャッシングを利用するという方ですぐに返済できる目処がある場合は、是非利用した方がお得でしょう。
消費者金融各社の金利差があまりなくなっている現在ですから、このようなサービスやキャンペーンなどを上手に利用した方がメリットが大きいでしょう。

 

プロミスの場合は利息の計算方法が日割りですから、例えば10万円を上限金利の17.8%で30日間借入れした場合、無利息でなければ1463円の利息がつきます。
借入れ金額が大きければ、さらに利息額も増えるわけですからバカにできませんよね。

 

ただしこのサービスを利用するには、まずプロミスのポイントサービスに登録する必要があります。
無利息サービスを利用したいという場合は、まずポイントサービスに登録した後にキャッシングすることが大切です。

 

登録前にキャッシングしてしまうと、その借入れ分は無利息サービスが適用されないので注意してください。
ただ、そのかわり次回の借入れ分は30日間無利息サービスとなるようです。
また、万が一30日以内に返済できなかったとしても30日間分の利息はつきませんから安心してください。

モビットの限度額はこの様です。

モビットの借入れ限度額は1万円から500万円までとなっていますが、この限度額は個人によって異なっており申し込み時の審査によって決定された金額になっています。
通常の審査で決定される金額は普通50万円以下が多いですが、これを50万円以上の限度額に変更希望した場合、慎重審査が行なわれることになります。この場合、通常審査時に必要だった本人確認用書類(運転免許証かパスポート、健康保険証の写し)に加えて収入金額の証明書類が必要となります。これを証明する書類としては源泉徴収票や所得証明書、納税通知書、給与明細などが有りどれか一つの写しを提出することになります。また、個人事業主の方は収入を証明するものとして、確定申告書、青色申告決算書または収支内訳書、営業状況確認のお願いの3点全てが必要となります(いずれも直近のもので、写しで結構です)
しかし、現在では改正貸金業法で総量規制がされており年収の1/3以下でしか、借入れが出来ない様になっていることに注意が必要です。

 

クラサラ問題などもありますので、借り入れはしっかりと管理してほしいものです。
モビッの郵便物をナシにする方法とは?